赤い血が騒ぐ・・・カープファンの日記

宮島さんの神主がぁ・・・おみくじ引いて申すにはぁ・・・今日もカープは勝ち!勝ち!勝っち!勝ち!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

成長していく鯉

Kazuです。

巨人に続き、阪神にも3連勝となりました。
チーム状態がいいCarpと、状態の悪い阪神の今の現状と、試合にのぞむ姿勢の違いが試合にあらわれています。

メッセンジャーと福井の先発でしたが、立ち上がりはむしろメッセンジャーの方が上。
福井が先に崩れるのを心配していたのですが、先に崩れていったのはメッセンジャーのほうでしたね。

2回の先制点では、ボール球をものすごく旨いバットコントロールで拾って出塁した松山が盗塁します。全く無警戒の中、セットポジションで始動する前のスタートだったので、キャッチャーの牽制指示をしたものの、メッセンジャーがまったく無視して楽々セーフになり、そこに会澤の右打ちから先制しています。

会澤は、低めのボール球や外に誘うカットボールに手をださず、打てる球をバットのヘットを立ててきっちりと右打ちしていました。

メッセを崩すのに一番効いたのは、Carpのバッターが、なかなかボール球に手を出さず、心理的に有利にたっていた事が一番ききました。(以前は焦ってボール球によく手をだしてました。)
ボール球に手を出さす、四球でランナーがたまる事に加えて、メッセ自身の緩慢プレーもありましたが、ちょっとした内野の連携ミスも影響して、イライラして崩れていった感じです。

そこにつけこみ、足で揺さぶり、会澤の一発で試合を決める。今回の会澤は、タイムリーあり、チャンスメイクあり、一発ありと大活躍でしたね。

一方の福井ですが、ものすごく良いわけではないけど、一番良かったのは変化球でした。
変化球でストライクがしっかり取れた事と、阪神のバッターが焦ってボール球に手をだしてくれているので、そこにつけこみボールになるフォーク、カットを有効に使えた事。
この変化球がストレートを生かした事。

もともと、好調であっても打者の打率は3割ですから7割は失敗するわけです。
そこに、打者がカウントやその試合のピッチャーの調子の悪さで相手の投げる球が判っていたりすると、3割が4割5割と確立が上がっていくわけで、一流のバッターや好調なバターは甘い球を一撃でしとめる技術をもっているので、なおさらです。

怖がらず、ストライク先行で試合を進める事の意味はここにあるわけで、福井くんも、何度も失敗した苦い経験が生きてきているという事でしょう。

阪神のバッターは焦っていましたね。勝てていない時のCarpと同じです。
それでも、ひたむきに、懸命な全力プレーで引っ張っていた新井や、1塁まで全力疾走する若手やベテランの姿勢が今の阪神になかったのが試合の結果ではないでしょうか。

阪神との3連戦で1戦目、2戦目の結果からくる阪神の焦りが、3戦目にちゃんと生きているわけで、そこにつけこんだ会澤のリード、それに答える福井、私も念頭になかった松山の盗塁、意味のある四球、ダブルプレー阻止する全力疾走、ダブルスチール等の当たり前の事が当たり前にできるようになってきている事を含め、Carpの成長は、うれしい限りですね。

次はビジターの巨人戦です。カードの頭をとって優位に進めたいところです
頑張れCarp。


↓Carpブログランキングはこちら
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト

| カープ | 04:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazu19660710.blog113.fc2.com/tb.php/43-87ff1c67

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。