赤い血が騒ぐ・・・カープファンの日記

宮島さんの神主がぁ・・・おみくじ引いて申すにはぁ・・・今日もカープは勝ち!勝ち!勝っち!勝ち!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

観戦記録 (巨人-広島 13回戦)

Kazuです。

7/1 薮田登板の巨人戦を見てきました。
見に行くつもりはなかったんですが、前日友人からチケットあるんで行く?…と誘われ、行きますと即答して午後会社を休んで訪れた東京ドームになります。

レポートが遅くなったのは、、録画で再度確認していたためです。
球場で見た感覚がTVで見ても同じかどうか確認したかったもんで…。

ドームに入ったのが16:15。Carpのバッティング練習中でした。

そこから、Carpのバッティング練習を見て、キャッチボール見て、外野ノックを見て…当たり前ですが、試合をしているわけではないけど、どれもみんな色んな情報が入ってきますね。
菊池、赤松、広輔、キムショー、松山、野間あたりがバッティングしてまして、好調に見えたのは松山でしたね。

左の杉内なんで先発ではないわけですが、松山は目立ってました。

ピンボケですが、これがスターティングラインナップです。シアーホルツさげて誠也を3番にいれてきてました。

20150701_baseball_1


観戦場所はここ…
東京ドームの構造上3塁側の2階席なんですが、レフトスタンド3階席と通路でつながった3塁側の2階席で、ポールに近い場所だったので、随分と遠い場所になります。ただ、守備位置を俯瞰してみるには絶好の場所になりました。

20150701_baseball_2

巨人のショート坂本と、セカンド立岡の守備位置わかりますかね。白いラインのちょっと前。これが菊池になるとラインから1m下がった場所が守備位置になります。

他のブロガーさんが指摘されてましたが、菊池の独特の深い守備…これが1球1球、前にステップをきってピッチャーがリリースするころには立岡の位置までするするっと前進し、他球団選手に1歩目は鬼速いと言わしめた守備をするわけです。

広輔は坂本と守備位置はあまり変わりません。
でも小刻みにステップをきっています。菊池も広輔も一球もさぼってませんね。
外野手だった私は、いつも外野の守備位置や、一歩目を随分と気にしながら観戦するんですが、今日は今日で面白い観戦になりました。

また広輔ですが、初めて神宮で守備を見た時に、 『とってから速い。いいショートだなぁ…こういうのアマチュアは参考にしないと』 とうなったのを覚えています。

今回はフライアウトが多かった事もあって、守備機会は少ないんですが、平凡なショートゴロを、取ってからスローイングまでの時間がえらい速いので、周りの数名からも平凡なゴロなのに、『うまい!!』と声がでていいました。

もう一人はセンターの丸…

3回の長野のタイムリー2ベースの後の丸の返球が、セカンドでアウトになりそうだった場面は、クッションボールの処理とスローイングの素早さからくるもの。

5回の坂本のセンター前ヒットで長野がホームへ突っ込むのを自重した場面は、横から見ると丸はボールをほんの少し握り直してるんですよね。
キャッチャー方向から見た録画TVの姿からは、チャージしてスムーズに返球しているようにしか見えないのですが、私の見た位置からは些細な事ですが、見てとれました。
自重する=丸の守備を巨人にインプットされているからであって、いい守備をします。

このセカンド、ショート、センターのセンターラインの守備の旨さは、いいですね。これも他ブロガーさんの指摘の通りです。

さてさて、薮田くん。
6回の攻撃で勝負をかけた事もあって降板しましたが、良かったですよ。
生でみていてコースが見えないけど、会澤のミットが捕球の時にどう動くか、高低、緩急はみてとれるわけです。
何度か『おお、いい入りだ!!』 と言葉を発してしまいましたが、変化球でカウントを整える事ができていて安心して見てましたね。

横からみた時に小さいテークバックなのに、糸をひくようなストレートが150km/hを超え、決め球のフォークがある。
これを帰って録画観戦して、カウントを整えていた球がカーブである事や、ストレートで球速が違うのは2シームももっている事、コントロールもいい事、フォークにも種類がある事、ハートが強い事も確認できました。

今回、ヒース、戸田、大瀬良という順番で見たんですが、薮田はいかにも押さえ向きですね。
過去にケガをしていた事もあるので、大事に使うにはしばらくは球数制限しての先発のほうがいいのかもしれません。
活躍してほしいもんです。

一方打線ですが、6回に集中打がでました。
1点づつ取るもんだから、宮島さんをたっぷり歌えるお祭り状態でございます(笑)

でも、今回は徹底してましたね…追い込まれるまでは打てる球を打つ事、ボール球を振らない事、追い込まれるとコンパクトに鋭く振り抜く事。こういう連打連打はなかなか観れません。

梵の出塁から、広輔・会澤のバスター、小窪の右打ち、丸のガラ空きの1・2塁間の狙い撃ち、菊池の右打ち(フォームは右打ちで結果センター前)、誠也の四球(これとても大きい)、新井のライト犠牲フライ、エルさんのセンター返し・・・わっしょいわっしょいです(笑)

空中戦でやられるより、コツコツとこれをやられるとこたえるんですよ。以前、神宮でヤクルトにやられてショックでしたもん。

ただね、梵の時の、坂本のプレー…私、思わず、うなりました。
飛びついての6-4-3のダブルプレーなんですが、旨いとか言うんではなく、『まだ気持ちきらしとらんかったか』 という意味です。

なんで、ヒースの0封と、会澤の一発、巨人の気持ちを切る上で、何気に大きかったんですよこれ・・・。
投打がかみ合う。いい試合でした。

レフトスタンドで応援したかったけど、たまには遠くから俯瞰して観るのもいいもんですね。
20150701_baseball_3

いいかんじです。
この調子で頑張れCarp。


↓Carpブログランキングはこちら
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト

| カープ | 04:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazu19660710.blog113.fc2.com/tb.php/56-fd39cd1b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。