赤い血が騒ぐ・・・カープファンの日記

宮島さんの神主がぁ・・・おみくじ引いて申すにはぁ・・・今日もカープは勝ち!勝ち!勝っち!勝ち!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中日戦に関しての振りかえりを少し・・・

Kazuです。

さてさて、どう振り返しましょうかね。

中日との3連戦。
LIVEで見れなかったので、録画したマエケン登板の11回戦と、ジョンソン登板の12回戦をやっとTVで観戦できました。

福井登板の13回戦は録画できていないという事実に直面し、結果遅まきながら観戦した2つの試合だけコメントします。
まぁ、サヨナラ負けした13回線は逆に録画できていなくて正解だったかな…だってサヨナラ負けが一番悔しい負けですもんね。

さてさて、今さらの11回戦・12回線ですが、自分だけ時が止まったような感じです。すいません。(A^^;

11回戦は中日が雄太、カープがマエケン、12回戦が中日が八木、カープがジョンソンでしたね。
結果は11回戦勝利(中日3-2広島)、12回戦敗戦(中日2-0広島)と対象的な結果になったわけですが、私なりに感じた、感覚を以下に記します。

11回戦ですが、まず1回に2アウトからシアーホルツと新井で先制するわけですが、”この日”はボール球は振りませんでしたね。

シアーホルツはカウント3-1から外より高目のストレート、新井はカウント3-2からインコースより低めのスライダーを逆らわず逆方向へのバッティング。
左を攻略するお手本なんですが、これが雄太相手にできて、八木相手に出来ないのが2日間の試合の勝敗を左右するポイントの1つでした。

11回戦は3回に2点をとるわけですが、ここは2回に2アウトランナーなしから会澤がセンター返し(ピッチャー強襲内安打)で出塁したのがポイントです。
マエケンでチェンジになるんですが、3回表は丸からという打順。丸はトップバッターで入る方がタイミング取りやすいみたいですからこの何気ない1本のヒットが大きかったわけです。

その3回、丸の四球から始まり菊池バントで1アウト2塁の形からシアーホルツのHRで2点追加の場面…この日の中日の配球は、追い込むまで、インコースストレート系、外の変化球(スライダーが多い)を交互に繰り返す傾向があり、シアーホルツはインコースのストレート系が頭にあったと思います。
そのストレートが、キャッチャーが内に構えるも中に入る甘い球になったので、これを逃さないというのが見事でした。

対象的なのが12回戦…
ストレートの球の回転は、雄太より八木の方が上。それにあのクロスステップで背中から球がでるような変則フォームは左バッターは厳しいですわ。

丸は6回にいいヒットを逆方向に打ちましたが、それでも手打ちぎみ…。シアーホルツはあのボールは厳しいでしょう。
この日は、右バッターもコースや落ちる変化球を旨く使われて、クルクルとバットが良く回る…引きつけて見極めようにも、回転のいいストレートは差しこまれ、ストレートの差し込みを防ごうとすると落ちる球にやられる。いいようにあしらわれてましたね。

それでも立ち上がりだけは付け入るスキあったんですけどね・・・2回以降、コースが定まり球が走り始め厳しい試合になりました。こういう日もあります。

マエケンもジョンソンも2失点ですよね。
Carpは先制して逃げ切るのがCarp野球です。当たり前ですけど、打てたら勝ち、打てなかったた負けです。

打線が湿りがちです。
バカ打ちした時、全員で徹底していた事ありましたよね。それ、もう一度です。
頑張れCarp。


↓Carpブログランキングはこちら
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
スポンサーサイト

| カープ | 01:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazu19660710.blog113.fc2.com/tb.php/59-1e7898b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。